FC2ブログ

記事一覧

VI Group Buy プロモーションで音源を根こそぎGET!

ご存じの方はとっくにご存じでしょうが、2020年 8月6日~2020年 9月30日まで、IK Multimediaにおいて、VI Group Buy プロモーションが行われています。簡単に言うとプロモーション期間中に対象製品を購入/登録したら購入製品価格同等もしくは購入製品価格以下のソフトウェア音源製品がプレゼントされるというもので、購入/登録人数が増えれば増えるほどにプレゼント数が増えるというなんともお得なプロモーションです。特筆すべき...

続きを読む

iRig Keys 37:本体設定

■MIDIチャンネルを変更する(1)「OCT▼」と「OCT▲」を同時に押す(2)「D#2」を押す(3)「C3~E4」を使って任意のMIDIチャンネルを押す(4)「C5」を押す■タッチレスポンスを変更する(1)「OCT▼」と「OCT▲」を同時に押す(2)「F#2」を押す(3)「C3~A3」を使って任意のレスポンス番号を押す  0.ベロシティ64に固定  1.ベロシティ100に固定  2.ベロシティ127に固定  3.キーを軽くタッチする場合  4.デフォルト  5.キーを強くタッ...

続きを読む

HALion Sonic SE:バックグラウンドで音を鳴らす

(1)HALion Sonic SEの環境設定をクリック。(2)ASIO DriverタブでGeneric Low Latency ASIO Driverを選択。(3)ADVANCEDタブでControl Panelをクリック。(4)選択されたポート構成をASIOホストアプリケーションだけに制御させるのチェックを外す。...

続きを読む

MIDI:ベンドレンジ早見表

ベンドレンジ2 14096 28191 ベンドレンジ4 12048 24096 36143 48191 ベンドレンジ12 1682 21365 32048 42730 53413 64096 74778 85461 96143 106826 117508 128191 ベンドレンジ24 1342 2683 31024 41365 51707 62048 72390 82731 93072 103413 113755 124096 134438 144779 155120 165461 175803 186144 196486 206827 217168 227509 237850 248191...

続きを読む

MODO DRUM

MODO DRUMはイタリアのIK Multimediaが開発するソフトウェア音源です。フィジカル・モデリングによりリアルタイムにサウンドを生成するため容量が小さく、サンプリング音源では到底不可能なカスタマイズが可能となっています。あらかじめ用意されている10種類のドラムキットと8種類のルームだけでも充分な音色が得られるというのに、異なるキットを組み合わせられるのはもちろんシェルやヘッドの直径、深さ、共振の度合いにピッチ...

続きを読む

MODO BASS

MODO BASSはイタリアのIK Multimediaが開発するソフトウェア音源です。フィジカル・モデリングによりリアルタイムにサウンドを生成するため容量が小さく、サンプリング音源では到底不可能なカスタマイズが可能となっています。14種類のベースに対して3種類のプレイスタイル、ピックアップの種類とその距離にくわえてどの位置で弾くかなどなどフィジカル・モデリングだからこそ実現可能な設定が盛り沢山。アンプやエフェクタも搭載...

続きを読む

HALion Sonic

HALion SonicはドイツのSteinbergが開発するソフトウェア音源です。Cubaseユーザには馴染み深い音源ですが付属のSE版はあくまで廉価版、正規版は3,200以上のプログラムと40GBものカスタム録音されたサンプルによるライブラリーを搭載した使い勝手の良いマルチティンバー音源です。HALionシリーズにはHALion、HALion Sonic、HALion Sonic SEがあり、Sonicは無印HALionからサンプル録音と編集機能を、SEはSonicからライブラリを限定...

続きを読む

Syntronik

SYNTRONIKはイタリアのIK Multimediaが開発するソフトウェア音源です。Moog、Oberheim、Sequential Circuits、ARP、Roland、Yamahaと誰もが一度は耳にしたことのあるヴィンテージシンセサイザーの名機を忠実に再現。38機種のサンプルをベースにした17のインストゥルメント、2100種のプリセットが搭載されており、これひとつでシンセ音源はすべてまかなえるほどの充実ぶりです。もともとシンセサイザーにはそれほど明るくなく、正直...

続きを読む

SampleTank

SampleTank 4はイタリアのIK Multimediaが開発するソフトウェア音源です。値段もお手頃でこれひとつあればこと足りるほどのオールマイティ音源。相変わらずCS版だのSE版だのどれを選べばいいのか悩むところですが、Amplitube同様にシステムはどれも同じみたいなので最初はFREEのCS版を使いつつ、気に入ったら単純に音色の数で選べばいいんじゃないでしょうか。ちなみにFREEのCS版には50種のインストゥルメントが搭載されていますが...

続きを読む

Grove Agent SE 4におけるパラアウト

例えばドラムキットを読み込んだインストゥルメントトラックにエフェクトを掛けると、当然ながらドラムキットにあるサウンドすべてにエフェクトが掛かってしまいます。これを回避するにはパラアウトと呼ばれる処理が必要であり、パラアウトすることによりそれぞれのサウンドに自由な処理を施すことが出来るようになります。ここではGroove Agent SE 4を例に、Kick、Rim Shot、HiHat Closedをパラアウトする方法を解説したいと思い...

続きを読む

amazon