FC2ブログ

記事一覧

Amplitubeを経由した動画を作成する

ギターを練習する際、たまには動画撮影などしてみると改めて己の欠点が把握出来ます。その際、アンプを通した音をそのまま内蔵マイクで拾うのもありですが、どうせならいい音で録音したいものです。昔はLINE入力なんて面倒だしお金も掛かるしで敬遠していましたが、現在ではスマホとオーディオインターフェイスさえあれば後は無料アプリで充分補えますので、ここでは覚え書きがてらその基本的な方法を紹介したいと思います。


まずは準備段階としてiPhoneとそれに接続可能なオーディオインターフェイスを用意してください。オーディオインターフェイスでお勧めなのはお手軽かつ親和性の高いIK MultimediaのiRig HD 2ですが、Line6のSONIC PORTだったりTASCAMのiXZなど、iPhoneとの接続が可能であればお好みのもので問題ありません。ちなみに私はiRig MicroAmpを利用しています。次に音源として「Amplitube」を、撮影のために「iRig Recorder LE」を、それらの橋渡し役として「GarageBand」をダウンロードします。AmplitubeとiRig Recorder LEにはアプリ内課金がありますが、無料のままで充分利用出来ますのでご心配なく。

では、ギター→オーディオインターフェイス→iPhoneと接続してAmplitubeを起動しましょう。Amplitubeでは録音する音色作りを行います。操作は割合しますがあれこれいじってお好みの音色を作成してください。音作りを終えたら次にGarageBandを起動します。本来GarageBandは音楽制作ソフトであり、いわゆるシーケンサーにあたるものですが、ここではあくまで撮影アプリであるiRig Recorder LEにAmplitubeで作成した音色を利用するための橋渡し役、いわゆるInter-App Audioとして利用します。起動したらまず右上にある「+」ボタンを押しましょう。すでに利用したことがある場合は前回に使用した「MY SONG」が表示されますので、その場合は左上にある「▼」ボタンを押して「MY SONG」を選択することで下記と同じ画面になるかと思います。


次に「TRACKS」から「EXTERNAL」を表示させ「Inter-App Audio」を選択します。


すると「音源」または「エフェクト」を選択する画面になりますので、ここでは「音源」にある「AmpliTube」を選択します。選択すると自動的にAmplitubeへと移動しますが、特に音色を変更する必要がなければ左に表示されたGarageBandのアイコンをクリックしてGarageBandに戻りましょう。


GarageBandに戻ると、左上にある「IN」と書かれた文字の横に「プラグアイコン」と先ほど選択した「Amplitube」のアイコンが表示されていると思いますので、今度は「プラグアイコン」をクリックして「エフェクト」を設定します。


「入力設定」にある「Inter-App Audio」を選択した後、「エフェクト」を選択してください。



「iRig Recorder LE」を選択して右上の完了を押すとすべての設定は終了です。



後はiRig Recorder LEを起動して撮影すればAmplitubeで作成した音色で動画が作成出来ます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

amazon