fc2ブログ

記事一覧

テキスト+で文字をスクロール表示させる その2(残像をつける)

Davinci Resolve 18においてスクロール表示させた文字に残像をつけます。まずはその1同様、タイムラインにエフェクト→タイトル→テキスト+をドラッグ&ドロップしてインスペクタのテキストに表示したい文字を入力、開始フレームにて文字を枠外に移動させキーフレームを打ち、末尾フレームにて文字を中央に移動して自動的にキーフレームが打たれている事を確認します。次にFusion画面へと移動して、エフェクト→Tools→ブラーをTemplateとMediaOut1が結ばれた線上にドラッグ、白い線が青色と黄色に変化したところでドロップすると自動的にノードが接続されます。


再生ヘッドを開始フレームに合わせた状態でインスペクタのコントロールにあるXYをロックのチェックを外し、X Blur Sizeを100にしてキーフレームを打ちましょう。


同様に再生ヘッドを末尾フレームに合わせた状態でX Blur Sizeを0にして自動的にキーフレームが打たれている事を確認、再生すると末尾フレームに到達するまでの間文字にブラー効果が掛かりあたかも残像がついた状態となります。※上下に移動させる場合はX Blur Sizeではなくブラーサイズ(Y)の値を変更します


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Honya Club

icon icon icon icon

amazon